McCarty 594

  • thumbnail 1
  • thumbnail 2
  • thumbnail 3
  • thumbnail 4
  • thumbnail 5
  • thumbnail 6

McCarty 594はビンテージ・ギターからヒントを得つつも、親しみやすく、高いプレイアビリティも同時に兼ね備えた1本。リッチでオーセンティック、ビンテージ・テイストのハムバッキング・トーンやニュアンス、そして甘いシングルコイルのサウンドを求めるギタリストにとって、58/15 LTピックアップ、プッシュ/プル・タイプのコイルタップ付きトーン・コントロールを装備したMcCarty 594は、その両サウンドをシームレスにカバー可能。エレクトロニクスのレイアウトや、いくつかのキーになるスペック、そしてPRS独自のクラフトマンシップがひとつになり、どのポジションでも正確なチューニング、イントネーションで演奏でき、長年弾きこなしているようなフィールのギター、それがMcCarty 594。

McCarty 594のトーンやフィールを引き出しているキー・スペック:
・ 24.5インチ・スケールよりもわずかに長い24.594インチ・スケールのネック。これが名前の由来に。
・ 58/15 LTピックアップ。コイルの巻き数を抑えることで、ウォームでクリアなトーンを実現。
・ 2つのボリュームを同時に下げられる2ボリューム、2トーンの配置。
・ 各ピックアップにプッシュ/プルのコイルタップを装備し、幅広いトーンに対応可能。
・ 新たなネック・カーブ「Pattern Vintage」を採用:Patternネックと同じネック幅を保ちつつも、前後にかけてわずかに厚みを増し、カーブ自体も高音側ではわずかに薄く、低音側ではやや肉厚になる非対称カーブ。
・ Phase IIIチューナーに、チューナーのギアとウォーム・ギアの両方を引っ張り、ウォーム・ギアの滑りを防止し、チューナーでの弦振動ロスを抑え、振動を可能な限りボディへ伝えるセット・スクリューをプラスした「Tweaked Phase III」を搭載。(弦の張替え時の操作など、チューナーそのものの機能は通常のPhase IIIと同様です。なお、セット・スクリューの調整はPRSファクトリー以外では絶対に行わないでください。独自判断によるセット・スクリューの調整により、チューナー全体の機能が損なわれる場合があります。)

「594は、ここ数年弾いたギターの中ではベストに入るね。ビンテージのハートとソウルがあるギターだけど、古い楽器にありがちなテクニカル上の制約がない。ハイフレットでのフィールが落ちたり、イントネーションが怪しくなるようなことがないオールドがあったら…。オールドのPAFサウンドと、現代の製作技術によるアーティキュレーションのしやすさが両立できたら…。それを実現したのが594だね。」− John Mayer

「PRSの企業としての側面、つまりその歴史、革新的であること、あらゆる改良を同時進行で行うことでPRSを知っている人びとは多いと思います。McCarty 594はそうしたPRSの企業文化が顕著に出た例でしょう。品質、プレイアビリティ、トーン…どれをとっても最高のギターだと確信しています。それに、広告でもお伝えしていますが、他のギターとは絶妙に大きく違うのです。594の開発時、私たちはあらゆるポイントを改めてチェックしました。つまり、ネック・スケール、チューナー、ブリッジやナットの材質、ピックアップ、ネックの形状…594を構成しているあらゆるコンポーネンツを、PRSが作る最高のギターとして必要だと考えたスペックに忠実であるように設計しました。その結果、私自身の感覚では、そうしたコンポーネンツが組み合わさった以上のものに仕上がりました。594が、それを手にしたすべての人びとの楽しみと真の音楽性の源になれば、これほど嬉しいことはありません。今のところ、それはうまく行っているようですね。」− Paul Reed Smith