Private Stock Guitar of the Month February 2016 - Private Stock McCarty 594

  • thumbnail 1
  • thumbnail 2
  • thumbnail 3
  • thumbnail 4
  • thumbnail 5
  • thumbnail 6

ハートはヴィンテージ、プレイアビリティはモダン。

プライベート・ストック20周年を記念し「Guitars of the Month」プログラムが復活。2016年の毎月、プライベート・ストック・チームが特別なギターを限定生産。最高の材料を使用した精緻なクラフトマンシップは、プライベート・ストックならでは。

2月のGuitar of the MonthはMcCarty 594。Paul自身のメンターであるTed McCartyの名前を冠したMcCarty 594は、ヴィンテージ楽器の「黄金時代」へのオマージュ。のみならず、現代のギタービルド・テクニックを融合させ、この上ない弾き心地の良さとプレイアビリティを実現。

次のようなディテールが594のトーンやフィールに貢献しています:

・ 24.594インチ・ネック・スケール。24.5インチよりも僅かに長いスケールは、このモデルの名前の由来にもなっています。
・ 58/15 LTピックアップ。「LT」とは、コイルの巻き数を減らした「Low Turns」。出力を控え目にしたスウィートなトーンが魅力です。
・ 2ボリューム、2プッシュ/プル・トーンの配置。2ボリュームを一気にコントロールしやすい位置にマウントし、プッシュ/プル・タイプのトーン・コントロールによるコイル・スプリットで、音作りの幅をさらに拡大。
・ 新たなPattern Vintageネック・カーブを採用。ネック幅はPatternネックと同一ながらも、フロントからバックに向けて僅かに厚みを持たせ、同時に低音弦に向けてやや肉厚になっていく非対称カーブ。
・ Tweaked Phase IIIチューナー。チューナーのギアとウォームギアを引っ張ることでウォームギアの滑りを抑えるセット・スクリューを追加し、弦振動がボディに伝わる際のロスを極少化。(弦の張替えなど、チューナーとしての機能は通常のPhase IIIチューナーと同一です。セット・スクリューの調整はPRSファクトリー以外では絶対に行わないでください。ファクトリー外でのいかなる調整は、チューナーの機能を損なう恐れがあります。)

Private Stock McCarty 594は、プライベート・ストック20周年を記念して2016年2月に26本製作されます。

「594は、ここ数年プレイした新しいギターの中でベストの1本だ。ヴィンテージのハートやソウルがありつつも、オールドにありがちな技術的な制約がない。イントネーションがズレるというかな?ハイフレットであの感じがなかったらオールド・ギターは本当に最高だよね。オールドのPAFサウンドと、現代の製造技術でないと無理なピッチの正確さが一緒になったら、そりゃもう最高さ。594は新しいアルバムの全曲で使った。何しろ、どんなセッティングにしたって俺たちが知っている、そして愛しているあの音になるんだからな。夢のようなトーンさ。」? John Mayer